脳神経内科センター

脳神経疾患は脳卒中、脳神経変性疾患、遺伝性神経疾患、免疫性神経疾患など多岐にわたり、その多くは根治療法がなく、体の自由を慢性的に奪ってしまうものです。

そのような脳神経疾患の経過においては、外来通院困難となる期間は長期にわたり、臓器寿命が延びている近年においてはことさらです。

特に脳卒中後やパーキンソン病患者さんの数は増え続けており、それらを中心とした脳神経疾患の在宅往診需要は今後益々増加していくものと考えられます。
一方で、その扱う脳神経疾患の特異性から、脳神経内科は非常に専門性が高い診療科であると言えます。
それは病院診療においても、在宅診療においても同様です。

我々のクリニックには、脳神経内科専門医師が4名常勤しており、これは在宅クリニックとしては非常に多い人数であります。当クリニックでは、この豊富な脳神経内科専門医の数と経験を生かし、今後増加していく脳神経疾患の在宅往診需要に対応することを目的として、在宅脳神経内科センターを設立いたしました。

脳神経内科領域の難病患者が多数いらっしゃいます
神経難病でお困りの患者さん

脳神経内科 専門医にご相談ください

脳出血やクモ膜下出血、脳梗塞などの脳卒中に伴い、半身麻痺などの後遺症が残存した方、パーキンソン病、アルツハイマー病など。
身体的、認知機能的に外来通院が困難となった患者さんとそのご家族の皆様、専門医にご相談ください。

受診に当たって

当院は在宅医療を提供するクリニックです。様々な原因で病院へ の通院が大変な患者さまをサポートしております。 他院で訪問診療や治療を受けられている患者さまでも対応いたしますので、まずはご相談下さい。

 脳神経内科センターに関するお問い合わせ
お電話:03-5788-6088