もの忘れカフェ

「もの忘れカフェ」の一覧になります。

昭和大学神経内科と、医療法人社団鳳優会で連携し、神経内科の医師や、医療・介護専門職も参加する集いの場、「もの忘れカフェ」を開催します。 認知症や、もの忘れが心配な方やご家族、 脳卒中や神経の病気で心配がある方もお気軽にご参加下さい。

●開催日時
毎月・第4月曜日に開催
15:30〜17:00

●開催場所
昭和大学病院附属東病院 2Fカフェスペース

お問い合わせ先:昭和大学 神経内科・医療法人社団鳳優会
担当:鈴木 / 電話:03-5788-6088

カフェ店長より

昭和大学 金野先生

カフェ店長
昭和大学病院・金野竜太先生の詳しい紹介はこちら


平成28年から昭和大学神経内科で勤務しております。 病院では神経内科外来と「物忘れ外来」や「認知症カフェ」など認知症診療全般に携わることを目標としております。

また、「人の脳はどのように言葉を理解しているのか」「脳の病気になるとなぜ言葉が理解できなくなるのか」をテーマに脳科学の研究しております。 「医者に聞きたいことがあるけど病院を受診するのはちょっと…」と思っている方は是非、認知症カフェを利用していただければと思います。お待ちしております。

鳳優会の認知症カフェの特徴

鳳優会のもの忘れカフェは、気軽な神経疾患の相談カフェであると同時に、 地域の認知症性疾患の早期発見と対処、在宅医療環境の構築を行うという機能をもった専門的カフェです。

  1. 神経内科教授を始め、神経内科専門の医師と交流ができます。
  2. 外来受診の前段階としてカフェで相談し、必要な方には神経疾患の精査を提案します。
  3. 在宅医療を希望の方は、経験豊かなスタッフが詳細なアドバイスを行います。
★昭和大学神経内科に受診になるような例
75歳男性 ここの所物忘れが気になるので、家族とともに鳳優会のもの忘れカフェに参加。 昭和大学神経内科教授とお茶を飲みながら相談してみると、アルツハイマー病の可能性を指摘された。昭和大学神経内科で検査を受けることになり、治療を受けることになった。
★在宅医療が導入になるような例
寝たきりの認知症のおばあさんの相談がしたくて、お孫さんが鳳優会のもの忘れカフェに参加。以前病院に通っていたが、通院が困難になってきてしまったことを相談。 介護保険サービスの手配の仕方を教えてもらい、訪問看護、訪問歯科、訪問診療の導入を行うことになった。
  • 地域の在宅スタッフだけれど参加してアドバイスをもらいたい。
  • 医学生、看護学生だけれど、参加してみたい。
  • 音楽家だけれどボランティアでギターを演奏したい。
    ・・・等々気軽にご相談ください。
高次医療から在宅医療までアドバイスできる、認知症性疾患の気軽な相談カフェでありたいと思います。