鳳優会について

 理事長挨拶


高齢化する日本における医療問題の解決策として、訪問医療・介護の拡充が図られてきました。現在首都圏では、かなり良質なサービスが各所で供給されるようになり、人生の終末期を自宅で過ごすということが珍しいことではなくなっております。ひとえに、訪問医療・介護にかかわる各在宅機関皆様の努力の賜物と考えますが、それでもなお、パターン化、単純化されていかないのは、在宅での医療介護が、患者様の人生、取り巻く人間模様にまで深く入り込んでしまう、という特殊性があるからです。それは時に複雑に難しいことがありますが、患者さんやご家族とじっくり話をしながら、患者さんの人生の選択肢をサポートさせていただく、というところに、医療人としての原点を感じております。
医療法人社団鳳優会は、在宅医療の黎明期より様々なチャレンジをしてきました。現在、常勤医はすべて何らかの専門医であり、関連する大学、基幹病院との密な連携を行うことにより、困難な疾患、困難な症例についても受け入れを行っております。病院から家に帰りたい、難病の管理を在宅で行ってほしい、在宅での看取りを希望する、等、お気軽にご相談をいただければ幸いです。

医療法人社団鳳優会
理事長 藤元流八郎

 専門性の高い医療を提供

私たちは在宅療養支援診療所としてご自宅で内科、消化器内科、脳神経内科、呼吸器科、リハビリ科、皮膚科等の各診療科の医師が疾患に応じて専門性の高い医療を提供します。
24時間体制で患者さんをサポートします。

 鳳優会の理念

  • 患者さんの生活の質・人生の質を高める医療を目指します。
  • 患者さんの不安・苦痛を取り除き、安心できるサービスを提供します。
  • 患者さんおよびご家族の意思を尊重した医療を提供するとともに、その意思決定に必要な情報を提供します。
  • 患者さんへのサービスの質を向上させるため、職員は常に自己研修に励みます。
  • 活気のある明るい職場にするため、職員の生活の質を考えた運営を心掛けます。

 鳳優会の名前の由来

病気などでお体が不自由でも、住み慣れた自宅において、安心して過ごしたいという方々に対し適切な在宅医療を提供していくことを目指し、平成11年に城南ホームケアクリニックをオープンいたしました。その後法人化の際、初心を忘れることのないよう、for You(フォー ユー = あなたのために、みんなのために)という言葉の響きにあわせ、 鳳優会と名付けました。
また、鳳には大空高く雄飛する鳳凰のように、刻々と変わりゆく医療を取り巻く社会環境を常に俯瞰し、患者さんのニーズにあわせた最新・最適な医療を提供できるようにしたいとの願いが、 優には技術的にも人格的にも優れた医療スタッフにより本当の意味での患者に優しいケアを提供できるようにとの思いが込められています。

 医療法人のあゆみ

平成30年4月

脳神経内科センター開設

平成28年12月

泌尿器科センター開設

平成22年2月

あすかホームケアクリニック開設

平成17年10月

荏原ホームケアクリニック 脳神経内科教育関連施設として認定

平成17年10月

医療法人社団鳳優会 毎日介護大賞部長賞受賞

平成16年 9月

荏原ホームケアクリニック開設

平成13年 8月

医療法人社団鳳優会設立

平成11年11月

城南ホームケアクリニック開設