リウマチ・膠原病に関する病気について

<< リウマチ・膠原病センター目次へ戻る

膠原病と聞くと聞き慣れない方も多いと思います。その原因は未だ解明されておらず、疾患も多岐にわたります。関節リウマチという病気はお聞きになったことがあるかもしれませんが、関節リウマチも膠原病の1つです。

関節リウマチは膠原病疾患の中でも最も多い疾患であり、およそ100人に1人の割合で発症すると言われています。

現在、その病気としての認知も広がっており、早期から医療機関を受診され、治療される患者さんも増えています。また、治療に関しても近年めざましい進歩を遂げており、治療成績は格段に良くなってきています。

しかし、中には治療が奏功せず、関節リウマチが原因で日常生活に支障をきたす患者さんがいることも事実です。さらには、高齢発症の関節リウマチの方が増えている他、病気の罹患期間も長期になってきており、高齢化に伴う身体機能の低下のため病院に通院できなくなっている患者さんも増えています。

当クリニックでは関節リウマチをはじめとした膠原病疾患の治療はもちろんの事、患者さんが安心してご自宅での生活を送れるようにサポートさせていただきます。

対応している疾患

  • 関節リウマチ
  • 全身性エリテマトーデス
  • 多発性筋炎/皮膚筋炎
  • シェーグレン症候群
  • 強皮症
  • 混合性結合組織病
  • 血管炎 (顕微鏡的多発血管炎、多発血管炎性肉芽腫症、好酸球性多発血管炎性肉芽腫症、大動脈炎症候群、巨細胞性動脈炎など)
  • ベーチェット病
  • 脊椎関節炎
  • サルコイドーシス など

間質性肺炎、肺高血圧症などの合併症があっても対応いたします。
 

当院で可能な治療

  • 関節注射
  • メトトレキサートをはじめとした抗リウマチ薬、免疫抑制薬による治療
  • 皮下注射の生物学的製剤、JAK阻害薬など、すべて対応可能

自己注射ができない患者さんもご相談ください。
 

リウマチ・膠原病 専門医にご相談ください

関節リウマチ、全身性エリテマトーデス、多発性筋炎/皮膚筋炎、シェーグレン症候群、強皮症、混合性結合組織病、血管炎、ベーチェット病、脊椎関節炎、サルコイドーシス など。
間質性肺炎、肺高血圧症などの合併症があっても対応いたします。
身体的、認知機能的に外来通院が困難となった患者さんとそのご家族の皆様、専門医にご相談ください。

受診に当たって

当院は在宅医療を提供するクリニックです。様々な原因で病院へ の通院が大変な患者さまをサポートしております。 他院で訪問診療や治療を受けられている患者さまでも対応いたしますので、まずはご相談下さい。

 リウマチ・膠原病センターに関するお問い合わせ
お電話:03-5788-6088