在宅がんリンパ球療法のご案内

リンパ球療法はニューシティ大崎クリニックが提供する
最先端がん研究にもとづくがん治療です。

がんのリンパ球療法とは

自分のもつ免疫力を利用したリンパ球療法が、副作用のない最先端がん治療法として注目されています。

リンパ球は、活性化させることでがん細胞を攻撃し、死滅させることができます。そこで、患者さんの血液からリンパ球を取り出し、研究室で大量に培養して活性化させ、再び体内に点滴で戻すことによりがん細胞を死滅させることを目的とした治療法です。 標準的治療と組み合わせることで、より高い治療効果を得られる可能性があります。

自宅にいながらの治療が可能になりました

在宅医療に力を注いでいる鳳優会は、最先端のがん研究を行っているニューシティ大崎クリニックの益山純一博士、藤田実彦博士の指導のもと、これまで外来通院が主体だった従来のリンパ球療法(CD3-LAK療法)や最新治療の高活性NK細胞療法を、在宅(ご自宅等への往診)で行います。
> ニューシティ大崎クリニック Webサイトはこちら

※NK細胞とは
リンパ球の中でもより直接的にがんを攻撃する細胞。がん細胞を除去し再発・転移を防ぐ、T細胞が攻撃できないがん細胞を攻撃する、がんに対する免疫反応を強める、などの特徴を持つ。

高活性NK細胞療法(通常のリンパ球療法に大幅な改善)

  • 投与細胞数が非常に多い(1回につき100~200億個のリンパ球を投与)
  • 通常のリンパ球療法に使用するTリンパ球に加えて、大量のNK細胞も投与
  • NK細胞をがんに集まりやすい形にしています。
  • リンパ球に、がん細胞のみを自滅させる分子(TRAIL分子)を装備しています。
  • 抗がん剤との併用が効果的です。

がん免疫療法は保険適応外診療のため、 治療費は全額自費負担となります。

初回相談料 無 料
診察料 ¥10,000(税抜)
登録検査料 ¥25,000(税抜)
活性化リンパ球療法(高活性NK細胞療法) ¥250,000(税抜)
※活性化リンパ球療法(CD3-LAK療法) ¥220,000(税抜)

当院では、より効果の高い、高活性NK細胞療法を推奨しておりますが、他の研究機関で行われている通常のリンパ球療法 (CD3-LAK療法)にも変更できます。

治療費には往診料、細胞加工、培養技術料(採血、点滴)、血液検査(腫瘍マーカー、血算、生化学、感染症)、文書料が含まれています。

治療費のお支払いはクレジットカード(VISA・Mastercard)による分割払いが出来ます。

学術的情報はこちら をご参照下さい。