脳神経内科に関する病気について

<< 脳神経内科センター目次へ戻る

在宅診療では、脳神経内科領域の難病患者さんが多くいらっしゃいます。医療法人鳳優会は、在宅医療の黎明期より、様々な脳神経内科疾患の在宅管理に力をいれてきました。現在、日本脳神経内科学会専門医・指導医を常勤で4名有し、専門機関で勤務する非常勤医師も多数協力していただいており、大学病院とも密な協力体制のもとに運営しております。

脳神経内科に関する病気について

脳卒中後
脳出血やクモ膜下出血、脳梗塞などの脳卒中に伴い、半身麻痺などの後遺症が残存した状態
脳神経変性疾患
パーキンソン病、レヴィー小体型認知症、多系統萎縮症、アルツハイマー病、前頭側頭型認知症、筋萎縮性側索硬化症など
遺伝性神経疾患
ジストロフィー症、ミトコンドリア脳筋症、球脊髄性筋萎縮症、脊髄小脳萎縮症など
免疫性神経疾患
多発性硬化症、視神経脊髄炎、重症筋無力症、多発筋炎など

 

上記の疾患に伴い、身体的、認知機能的に外来通院が困難となった患者さんの、専門的在宅医療を提供します。

 

脳神経内科 専門医にご相談ください

脳出血やクモ膜下出血、脳梗塞などの脳卒中に伴い、半身麻痺などの後遺症が残存した方、パーキンソン病、アルツハイマー病など。
身体的、認知機能的に外来通院が困難となった患者さんとそのご家族の皆様、専門医にご相談ください。

受診に当たって

当院は在宅医療を提供するクリニックです。様々な原因で病院へ の通院が大変な患者さまをサポートしております。 他院で訪問診療や治療を受けられている患者さまでも対応いたしますので、まずはご相談下さい。

 脳神経内科センターに関するお問い合わせ
お電話:03-5788-6088